管理組合と一緒に考え、マンションの管理をお手伝いします。

マンションの電力引込み方式・契約について

 

◆  引込み方式 (住戸・共用部分)

 

1 引込み方式の原則

  マンションなど、1建物内の複数の需要場所に電気を供給する場合には、建物内の

 個々の住戸ごとに引込線を敷設するのではなく、一括して供給できる共同引込線によ

 り電気を供給する。

 

2 集合住宅用変圧器方式 (パッドマウント)

  管理組合で、敷地内にハンドホール、基礎ブロックを施設し、東電が「集合住宅用

 変圧器」を設置して供給する方式

 [電灯] 200KVA~250KVAまで

 [動力] 49KW以下

  ※概ね30~60世帯まで、世帯数がそれ以上の場合は貸室方式となる。

  ※電力会社によって多少異なる。

 

3 供給用変圧器室方式 (東電の貸室方式)

  前2を超える電力の場合には、東電に対して変圧器等の設置場所を無償提供し、そ

 こに東電が変電設備を設置して供給する方式

   [電灯] 無制限

     [動力] 無制限

 

◆ 契約種別 (住戸部分)

 

  従量電灯B 10A~60A

 

◆ 契約種別 (共用部分)

  

1 従量電灯C

  6KVA~50KVA未満

  低圧電力と併せて契約する場合は、契約容量と契約電力との合計 (この場合、1KVA

 を1KWとみなす) が50KW未満

 ・契約電力

  あらかじめ設定した契約負荷設備容量に係数を乗じて得た値

  但し、契約主開閉器により契約容量を定めることを希望する場合は、契約主開閉器

 の定格電流に基づき、算定方法で算定された値

 

2 低圧電力

  動力を使用する需要で、契約電力が50KW未満

  従量電灯と併せて契約する場合は、契約容量と契約電力との合計 (この場合、1KVA

  を1KWとみなす) が50KW未満

 ・契約電力

  あらかじめ設定した契約負荷設備容量に係数を乗じて得た値

  但し、契約主開閉器により契約容量を定めることを希望する場合は、契約主開閉器

 の定格電流に基づき、算定方法で算定された値

 

3 低圧高負荷契約 (2003年規制緩和での制度)

  30KW~50KW未満

 ※従量電灯C及び低圧電力の契約をしている場合、低圧高負荷契約に切り換えると、

  安くなる場合がある。(電灯負荷の割合が多い場合) シミュレーション計算で判断

  する。

 ※従量電灯C、低圧電力、低圧高負荷も、設備容量で契約電力が決まる

 

4 高圧受電契約

  契約電力が50KW以上 (電灯、動力の合算)

 

                         マンションサポート70

 

                 戻る

お試しサービス

管理費の無料診断

関係書類(予算・決算書など)を確認させていただき、数日後に報告書を提出します。

無料セミナー・勉強会

マンションの実情に即したテーマをリクエストしていただき、皆様のところに出張して実施いたします。