管理組合と一緒に考え、マンションの管理をお手伝いします。

こんなお悩みありませんか?

「将来の修繕積立金が心配…」「高齢化で役員のなり手がいない…」「管理会社の対応に疑問!?」「大規模修繕工事の進め方は?」「マンションの防災対策は大丈夫!?」などなど...

 当事務所のマンション管理士が、管理組合の立場に立ってお手伝いします。

まずは、お気軽にご相談ください。

管理費等の削減サポートします!(管理委託契約・設備点検・修繕工事費)

外部専門家の活用

高齢化による役員のなり手不足、投資マンションやリゾートマンションの管理の適正化

投資マンション等の管理者・理事への就任など

ご相談ください。 一般社団法人埼玉県マンション管理士会「外部専門家活用リーフレット」

 

投資マンション、リゾートマンションの管理者管理等もご相談に応じています

不適切コンサルタント問題

不適切コンサルタントの問題は、メディアでも大きく取り上げられ社会問題となっています。

マンションの大規模修繕工事に伴ういわゆる談合は今でも行われていますし、今後も無くなることはないと思います。談合は、管理会社、設計事務所、建築士、マンション管理士、区分所有者など全ての関係者が当事者となる可能性があるからです。

お困りの方、ご相談ください。  不適切コンサルタント問題について

適切な大規模修繕工事のコンサルティング

マンションの大規模修繕工事においては、設計事務所や管理会社等が必要のない工事や過大積算によって工事価格を割高に設定し、施工業者間で価格調整を行い、管理組合が不当に高い金額(概ね20%以上)で契約させられている現状があります。これにより管理組合は無駄な費用を支払うこととなってしまいます。

しかし、多くの管理組合では、組合員が無関心であったり、又は、理事や修繕委員が業者からお金をもらい談合に協力する場合もあるため、マンションではこのように談合が成立し易いのが現状です。更に、本来7,000万円で実施できる工事を9,000万円と言われても殆どの組合員は気づかないということもあります。

 

また、管理組合が不信感を持ち、色々と行動を起こしても、相手はプロである設計事務所・管理会社・施工業者であり、更に、管理組合の内部にも協力者がいる場合、解決はかなり困難であるといえます。また、マンション管理士などの専門家に相談したとしても、多くの場合は経験不足であったり、経験豊富な人は設計事務所等の協力者になっている場合もあるため、どこの誰に相談すれば解決できるのか難しい問題になっています。

 

こうした問題を解決できる柵のないコンサルタント会社もありますが、コンサル費用がかなり高額のようです。多くの業者が関係する談合を壊すには、かなりのエネルギーが必要ですので、そうなると高額なコンサル費用を払ってまで、頑張る必要もないと考えてしまうかもしれません。

 

大規模修繕工事の問題でお困りであれば、経験豊富で柵のない当事務所にご相談ください。

 

サポート地域

平成25年4月の開業以来、埼玉県川口市を中心に、東京都、神奈川県も含め、タワーマンションから小規模マンションまで、様々な管理組合からのご相談、ご依頼を受けているマンション管理士事務所です。

サービス案内

よくあるご質問

Q.住戸内のインターホンの修理費は、個人負担になるのでしょうか?

住戸内のインターホンが故障した際の修理費は、個人で負担することになるのでしょうか。規約では消防・防災設備などは共用部分となっていますが、インターホンは共用部分に含まれていないようです。なお、インターホンはエントランスのオートロックや自動火災報知設備と連動しています。

A.

各住戸のインターホン設備が、オートロックや自動火災報知設備と連動する一体のシステムとなっている場合は、住戸内のインターホン設備が故障した際には、システム全体の機能に影響を与える恐れがありますので、速やかに修理しておく必要があります。

もし住戸内のインターホン設備の修理費を個人負担とすれば、修理するかどうかの判断は区分所有者本人に委ねられることになり、そのまま放置される恐れもあります。これを防ぐためには、各住戸のインターホン設備も、規約で共用部分の範囲に加えておくことで、管理組合の判断で速やかに修理することができます。

ニュース

お試しサービス

管理費の無料診断

関係書類(予算・決算書など)を確認させていただき、数日後に報告書を提出します。

無料セミナー・勉強会

マンションの実情に即したテーマをリクエストしていただき、皆様のところに出張して実施いたします。