管理組合と一緒に考え、マンションの管理をお手伝いします。

マンションの節電対策

 

◆ 「従量電灯C、低圧電力」 →  「低圧高負荷契約」 ※設備投資なし

◆ 「負荷設備の総容量」→ 「契約主開閉器」 ※電子ブレーカーの採用

  通常は、設備の総容量によって契約するため基本料金が高くなる。電子ブレーカー

 の採用によって実負荷に近い基本料金に下げることができる。高圧のデマンド契約の

 ようなもの。

◆ 「低圧受電」→ 「高圧一括受電方式」 ※電力供給会社と契約、全住戸の承諾

  高圧受電に変更した場合、低圧と高圧の料金差により安くなる。高圧受電設備の

 保守、各戸のメーター管理、料金徴収などを効率的に行うことができる。

◆ 「高圧一括受電」

  デメリット

 1 高圧低圧の価格差が少なくなった場合、又はエコ政策などで電力の使用量が減少

  した場合には、採算割れの恐れも否定できない。そうなると事業継続が困難となる。

   10年で契約は終了するため、採算割れで事業継続されない場合は、東電から再度

  買うことになるが、メーターの交換や設備の更新で高額の契約となり、それを負担

  するのは居住者となり、管理組合内でトラブルとなるおそれもある。

 2 自家用電気設備となるため、3年に1回程度、停電での受電設備の点検が必要と

  なる。

 3 削減幅が、買取方式と比較すると共用部分40%程度と大きくない。

 4 東電との契約を解除するため、全住戸の承諾書が必要となる。

 

 メリット

 1 初期費用が必要ない。このため買取り方式と比較すると合意が得られやすい。

 2 受電設備がレンタル方式でありため、安心感がある。

 

 

                戻る

お試しサービス

管理費の無料診断

関係書類(予算・決算書など)を確認させていただき、数日後に報告書を提出します。

無料セミナー・勉強会

マンションの実情に即したテーマをリクエストしていただき、皆様のところに出張して実施いたします。