管理組合と一緒に考え、マンションの管理をお手伝いします。

管理委託契約・管理会社の見直し

管理会社の市場も競争原理が働くようになっています。

 従来、管理会社の市場は閉鎖的で独占的なもので、分譲時の管理会社を途中で変更

するようなことは、少なかった時代が長く続いていました。

 しかし、最近では、インターネットによって情報がオープンとなり、管理会社の市

場も競争原理が働くようになり、管理組合が主体となって、数社の管理会社を比較検

討し、最良の管理会社を選ぶことが普通に行われるようになりました。

 この結果、従来のやり方を変えず、改善の進まない管理会社と、生き残りをかけて

価格の低減やサービス向上を図る管理会社との差が、大きく広がっています。

 

割高な管理委託費に気づかない人が意外に多くいます。

 分譲時から一度も管理委託契約の見直しを行っていない場合は、管理会社にとて

も有利な契約となっている場合が殆どといっても過言ではありません。なぜなら、

分譲時の管理委託契約はデベロッパーと管理会社で一方的に決めることができるた

め、自分達に有利な契約内容にするのは当然だからです。

 また、大手デベロッパー系のマンションの場合には「大手ブランドだから、管理

費も高くて当然」と思い込んで納得している方が、案外多くいるようです。

 現在の管理会社に特に不満のない方も、自分のマンションは安心と考えている方

も、もしかするとうちのマンションの管理費も高いのではないか!?と一度疑って

みてはいかがでしょう!!

 

 お気軽に、お問合せください。

 

 

 

管理委託契約・管理会社の見直し業務は、次の順番で進めてまいります。

1 実態調査

  建物・設備の状況把握、管理会社の対応の現状、委託契約書の内容等を調査、

 整理します。

2 理事会協議、方針決定

  実態調査の結果を理事会に報告、新しい委託仕様書の内容と管理会社の選定方

 針を決めます。

3 業者選定、見積り比較

  選定した管理会社の見積り比較一覧を作成、ヒアリング参加者(3~4社)を

 決定します。(登録簿の閲覧等)

4 ヒアリング実施(プレゼンテーション)

  理事会(又は希望者も参加)にてヒアリングを実施し、最終決定(1社)しま

 す。

5 臨時総会の開催

  総会資料及び総会案内等を作成、臨時総会を開催して総会決議を取ります。

6 重要事項説明会の開催

  新管理委託契約書のチェック、調整を行い、重要事項説明会を開催します。

7 引継ぎ

  新管理会社への引継ぎの調整、立会いを行います。

8 フォロー

  新管理会社の業務が、仕様に基づき行われているかチェックします。

 

※ 本業務開始の前提として、管理組合において「コンサルタント採用」が、決議

 されている必要がありますが、その間に必要な総会開催等の業務は、無償にてお

 手伝いさせていただきます。

  結果として「コンサルタント採用」が、理事会又は総会にて否決された場合で

 も、費用の請求はいたしませんので、お気軽にお問合せください。

 

※ コンサルタントによっては、管理会社の変更後、業務を打ち切ってしまい、変

 更後の管理業務の質が低下してしまう例もあるようですが、当事務所においては、

 新管理会社の業務が、仕様に基づき行われているか確実にチェックいたしますの

 で、ご安心ください。

 

 

お試しサービス

管理費の無料診断

関係書類(予算・決算書など)を確認させていただき、数日後に報告書を提出します。

無料セミナー・勉強会

マンションの実情に即したテーマをリクエストしていただき、皆様のところに出張して実施いたします。