管理組合と一緒に考え、マンションの管理をお手伝いします。

顧問業務の役割・メリットとは

 当事務所の顧問業務には、次のような特徴があります。

 

・ 理事さんが交代しても、理事会運営が一定レベルに保てます。

  多くの管理組合では、理事は輪番制で1年交代です。やる気のある理事さんが、せ

 っかく1年間頑張って管理組合運営を軌道に乗せたとしても、次の理事さんが同じよ

 うに熱意を持って継続してくれるかどうか、不安が残るものです。

  このような時、信頼できるコンサルタントが顧問として理事会に残れば、安心して

 引き継ぐことができます。

 

・ 建物・設備の維持保全の継続性を確保します。

  建物・設備の維持保全のための長期修繕計画は、複数年にまたがります。1年交代

 の理事会では、建物・設備の維持保全を継続的に行えず、劣化の進行や、不具合の放

 置などが懸念されます。

  こうした事態を防ぐため、建築等の専門的知識・経験を有するコンサルタントが、

 継続性を確保する役割を担うわけです。

   

・ 工事や委託業務に関する、セカンドオピニオンとしての役割があります。

  管理会社や工事業者が提案する工事や委託業務は、すぐに必要なものばかりではな

 く、また、一般的に管理組合に対する見積り金額は、高額に設定されます。こうした

 提案をそのまま承諾していては、管理組合の利益を損なうことになります。

  このため、専門家のセカンドオピニオンにより、提案内容を精査し見直すことで、

 無駄なコストを削減することができます。

 

・ 3者で作る、二等辺三角形によりバランスを保ちます。

  自社の利益を優先に考えなければならない管理会社(出資者である株主に対する責

 任があります。)に対し、管理組合の利益を優先に考えるコンサルタント(定額報酬

であり、利益を求める必要がありません。)が、けん制しチェック機能を働かすこと

で、管理組合を頂点とした、管理会社とコンサルタントによる二等辺三角形(三角形

は安定する形です。)が形成され、管理組合運営のバランスを保つことができます。

 

・ 区分所有者の間の対立を避ける役割があります。

  理事長又は理事も同じ区分所有者の一員です。管理組合運営を巡って、区分所有者

 の間で対立し、誹謗中傷や裁判に至ることも珍しくはありません。感情的な対立に発

 展させないためには、第三者の専門家を間に入れて調整することが有効な手段です。

  こうした役割を果すのがコンサルタントであり、時には憎まれ役を担うことにもな

 ります。

 

・ 理事長(理事会)の補佐役を務める役割があります。(最も重要な役割です。)

  理事長は、区分所有法上の管理者であり、マンション管理上の最高責任者です。理

 事長は、管理会社の担当者と対峙しながら、様々な意見を持つ区分所有者をまとめて

 いかなければなりません。しかも、役員のなり手不足の管理組合では何年も継続して

 職に就くこともあります。理事長は、他の組織のトップと同様に孤独なものです。孤

 独で、責任が重く、一般的にマンション管理に係わる専門的知識もないため、大変な

 苦労を強いられます。

  そこで、専門家のコンサルタントが理事長(理事会)と同じ目線で、考え、行動し、

 また、悩みなどを共有し、理事長を技術面と精神面でサポートすることを通じて、管

 理組合の適正化を図ることが、当事務所の考える「顧問業務」であります。 

 

 

              戻る

 

お試しサービス

管理費の無料診断

関係書類(予算・決算書など)を確認させていただき、数日後に報告書を提出します。

無料セミナー・勉強会

マンションの実情に即したテーマをリクエストしていただき、皆様のところに出張して実施いたします。