管理組合と一緒に考え、マンションの管理をお手伝いします。

理事会顧問業務

当事務所の顧問業務は、専門業務も含めて対応しております。

 一般的な事務所での顧問業務契約は、アドバイスや指導が中心であり、実務を伴

う専門業務(管理委託契約の見直し、管理規約の見直し、長期修繕計画の見直し、

大規模修繕工事の検討、滞納処理など)は、別料金の設定になっています。

 しかし、顧問業務の本質は、理事長及び理事の補佐役として、管理組合運営に関

する諸問題を一緒に考え、一緒に解決していくことであります。こうした過程にお

いて、実務を伴う問題が発生する度に別料金では、管理組合の経費が増えるばかり

で、顧問契約を結んでいる意味がありません。

 このため、当事務所では、原則として実務を伴う専門業務も顧問契約に含めて対

応しております。

 

顧問業務内容

 理事会・総会への出席による助言等

   理事長からの相談対応

 議事録のチェック

 修繕工事の内容及び見積書のチェック、相見積もりの取得

 修繕工事の実施調整

 管理業務報告書のチェック

 月次会計報告、各設備点検・建物点検結果のチェック

 必要により設備等点検、検査への立会い

 総会議案(事業計画、予算案、決算報告)のチェック、助言

 月次業務報告書の提出

 

・当事務所の顧問業務に含まれる専門業務

 管理委託契約の見直し

 管理規約の見直し

 長期修繕計画の見直し

 大規模修繕工事の事前準備、検討

 管理費等の滞納処理支援

  (但し、管理規約の全面改正、長期修繕計画の新規作成、大規模修繕工事の専属コ

    ンサル等は除きます。)

 

    理事会顧問業務の役割・メリットとは

 

簡易顧問業務

 電話やメールによる相談対応が基本で、理事会等への出席は、年3回までとする簡

易顧問業務契約も承っております。

 

お試しサービス

管理費の無料診断

関係書類(予算・決算書など)を確認させていただき、数日後に報告書を提出します。

無料セミナー・勉強会

マンションの実情に即したテーマをリクエストしていただき、皆様のところに出張して実施いたします。