管理組合と一緒に考え、マンションの管理をお手伝いします。

ペットの飼育が禁止されているにも係わらず、飼い続けている人がいます。

質問: 管理規約によってペットの飼育が禁止されているにも係らず、近隣の住戸

   では、猫を飼い続けています。管理組合で注意しても、猫を手放す様子はあ

   りません。糞の臭いも気になり、いつまでも放置しておくことは出来ないの

   で、何か強制的な手段で解決する方法はありませんか。

 

回答: ペットを飼育している飼い主にとってみれば、ペットも家族同様との思い

   があり、管理規約に違反していることは承知していても、簡単には手放せな

   いのではないかと推察します。

    まずは、管理組合名で、ペット飼育禁止についての掲示などにより注意喚

   起をしながら、時間をかけて解決していくべきだと思います。ペットを飼育

   している人も、管理規約に違反していることは承知しているため、時間をか

   けて注意を促しているうちに、引越しなどの手段で解決する例もあります。

    また、穏便な解決策として、現在飼っているペット一代に限り認めるとい

   う妥協策もあります。

    どうしても解決しない場合には、最終的には、裁判により解決することと

   なると思いますが、ペット飼育についての判例では、ペットが盲導犬のよう

   な場合を除き、飼育者に厳しい判決がでているようです。

 

 

               Q&Aに戻る

お試しサービス

管理費の無料診断

関係書類(予算・決算書など)を確認させていただき、数日後に報告書を提出します。

無料セミナー・勉強会

マンションの実情に即したテーマをリクエストしていただき、皆様のところに出張して実施いたします。