管理組合と一緒に考え、マンションの管理をお手伝いします。

建物に欠陥が見つかりましたが、無償で補修してもらう事は可能ですか。

質問: 築7年、58世帯のマンションですが、昨年あたりから目視でわかるほど外壁

   タイルが浮いてきており、剥離落下の危険があります。施工業者に無償で修理

   してもらうことは可能でしょうか。

 

回答: 建物の隠れた瑕疵(欠陥、不良箇所)について、買主(管理組合)が、損害

   賠償や補修等を請求できる場合は、次の3つに整理できます。

  1 民法上の瑕疵担保責任

    建物の瑕疵を知った時から1年以内(時効10年)に請求することができます。

   但し、売主が宅建業者の場合は、特約で引渡しの日から2年以内となります。

  2 品確法上の瑕疵担保責任

    引渡しの日から10年以内に請求できますが、構造耐力上主要な部分(基礎、

   壁、柱、梁)と雨水の浸入を防ぐ部分に限ります。

  3 アフターサービス

    施工会社又は売主による任意の基準で補修等を請求できる期間は、工事項目

   ごとに定められています。なお、この制度は、サービスであり法的強制力はあ

   りません。

 

お試しサービス

管理費の無料診断

関係書類(予算・決算書など)を確認させていただき、数日後に報告書を提出します。

無料セミナー・勉強会

マンションの実情に即したテーマをリクエストしていただき、皆様のところに出張して実施いたします。