管理組合と一緒に考え、マンションの管理をお手伝いします。

住戸内のインターホンの修理費は、個人負担になるのでしょうか。


質問: 住戸内のインターホンが故障した際の修理費は、個人で負担することになる

   のでしょうか。規約では消防・防災設備などは共用部分となっていますが、イ

   ンターホンは共用部分に含まれていないようです。なお、インターホンはエン

   トランスのオートロックや自動火災報知設備と連動しています。


回答: 各住戸のインターホン設備が、オートロックや自動火災報知設備と連動する

   一体のシステムとなっている場合は、住戸内のインターホン設備が故障した際

   には、システム全体の機能に影響を与える恐れがありますので、速やかに修理

   しておく必要があります。

    もし住戸内のインターホン設備の修理費を個人負担とすれば、修理するかど

   うかの判断は区分所有者本人に委ねられることになり、そのまま放置される恐

   れもあります。これを防ぐためには、各住戸のインターホン設備も、規約で共

   用部分の範囲に加えておくことで、管理組合の判断で速やかに修理することが

   できます。


お試しサービス

管理費の無料診断

関係書類(予算・決算書など)を確認させていただき、数日後に報告書を提出します。

無料セミナー・勉強会

マンションの実情に即したテーマをリクエストしていただき、皆様のところに出張して実施いたします。